重慶について

地理気候

中国は東北・華北・華東・華中・華南・西北・西南の7つに分けられますが重慶は西南に属します。気候分布では亜熱帯気候に属し夏は4o度を超えます。一方冬は霧が多い日が続きます。非常に短いですが春と秋もあります。地图

 

別名

山城

重慶は数多くの別名を持っていますが1番重慶の特徴を表してるのがこの山城重慶という言葉です。その名の通り重慶は山と山の間を2つの川が流れるという地形をしています。中国の他の都市は広い道路に大きな建造物、全てがどーんという都市が多いのですが重慶だけは違います。山間部に都市があるため狭い所に高層ビルがひしめき合ってます。

小香港

地形が似ていることから小香港と呼ばれたりしていました。

 

市街地

重慶市街地

直轄市全体で九州より大きく3000万人が暮らしています。市街地人口は800万人ほどです。

重慶の市街地は5つの地区から成り立っています。

◇解放碑

最も古くから栄えた重慶の中心地

◇観音橋

若者に人気の渋谷のような街

◇南坪

長江南岸で住みやすいと評判

◇沙坪坝

大学が数多く集まる学生街

◇杨家坪

動物園などがあり上野のような雰囲気

 

自然

通常中国の大地は砂で出来ていますが重慶は山であり湿気も多いため日本と同じく土で出来ています。そのため粉塵が舞うことも少ないです。また世界遺産にもなっている魅力的な武隆山・中国二大河川である長江(揚子江)など自然豊かな都市となっています。郊外へはこのような現地発のツアーで行く方がらくちんです。→重慶発世界自然遺産・武隆1泊2日間

武隆

 

歴史

中華民国時代

日中戦争時代、中華民国は南京陥落後1937年に首都を内陸部重慶に移転します。1938年の武漢陥落後、いよいよ重慶にも日本軍が迫ります。そして同年重慶爆撃という市街地爆撃が開始されます。1938年から1943年まで続きますが特に有名なのが1941年6月5日の空襲です。現在でも6月5日10時にサイレンが鳴り響きます。解放碑の近くに防空壕跡が残っています。

そんな歴史を持つ重慶なので当然反日なのかと思いますが9割くらいの人は反日ではありません。ごく一部のお年寄りはやはり日本に対しては良い思いは持ってません。

現代

中国側が香港返還で沸き、香港側が絶望に包まれていた1997年。その年に重慶は四川省から独立し北京上海天津に次ぐ4番目の直轄市入りしました。元々性格的にも異なる重慶と成都、四川省時代は省都成都に開発資金が注がれていたたこともあり今でも重慶と成都の関係は良くありません。重慶人によると重慶(大阪)成都(東京)のような性格です。

戦前より重工業が発展していたため四川省から分離後も引き続き工業都市として発展して行く事になります。そのため観光面では諸葛孔明・パンダを擁する四川・成都には全く敵わず中国人の間でさえ『重慶何もないから行きたくない』だの『成都に行くから寄っただけ』など散々な評価をされます。

しかし2016年中国人に重慶の魅力を知らしめる映画『从你的全世界路过』が上映され、重慶市もこの機会を逃すまいと撮影地を整備したりした結果これ以降急速に観光客が増えることになります。

我希望有个如你一般的人 如山间清爽的风 如古城温暖的光 只要最后是你就好 今天你路过了谁 谁又丢失了你呢

从你的全世界路过

未来

現在朝天門埠頭にシンガポールのマリーナベイサンズのような巨大なビルを建造中です。

重慶はその山城の地形から『小香港』と呼ばれていたこともありましたが、これからは『小シンガポール』となります。

朝天門