慶事が重なる♪重慶の観光スポット

重慶観光概要

重慶には観光スポットと呼べるような場所はありません。あくまで都市型観光・現地の生活を楽しむ場所です。伝統的な観光地ならお隣四川省に行きましょう。

①解放碑

解放碑

重慶を訪れる観光客の90%以上が必ず行く有名な繁華街です。重慶の母城と呼ばれており東京の千代田区のような存在でありながら新宿のような買い物街でもあります。

正式名称は『抗戦勝利紀功碑及び人民解放紀念碑』中国で唯一の抗日戦争勝利記念碑であると同時に国民党から解放記念でもあります。碑の上部に取り付けられている時計はロレックスです。

山の頂上の繁華街のため山城重慶を堪能するなら解放碑に宿を取りましょう。交通も地下鉄モノレールが集結し便利です。

一般的に麓の方が栄えると思われがちですが古来重慶は上半城(山の手)と下半城(下町)に分かれたため上半城が繁華街になりました。

解放碑(ジエファンベイ・jiěfàngbēi)

:地下鉄2号線『临江门』駅徒歩3分:地下鉄1号線・2号線『较场口』駅徒歩7分

人民解放記念碑

②洪崖洞

洪崖洞

続けてご紹介するのは解放碑から徒歩15分。嘉陵江沿いの崖に建つ洪崖洞。元々は洪崖門がありましたが安全性の理由から撤去され、高低差をなくすため柱を長く突き立てる吊脚楼という重慶の伝統建築方法で2006年に再建されました。

この建築法により1階と11階で道路に接続するという重慶らしい建物です。

夜景の名所になっていて千と千尋の神隠しの舞台ではとも言われています。台湾の九份も有名ですがこちらの方が似ています。

洪崖洞 (ホンヤードン・hóngyádòng)”

:地下鉄1号線・6号線『小什字』駅徒歩7分:解放碑から徒歩15分

洪崖洞

道後温泉・台湾九份だけじゃない!重慶にもある【千と千尋の神隠し】

③磁器口

磁器口

重慶の古鎮です。中華民国時代のお店やおしゃれなカフェなどもあります。磁器口だけではありませんが中国の古鎮はどこも現在進行形で使用しているので楽しいです。休日にはこの細い通りが人でごった返します。

磁器口 (ツーチーコウ・cíqìkǒu)”

:地下鉄1号線『磁器口』駅徒歩10分:解放碑から40分くらい

磁器口

重慶の古鎮・磁器口

④黄桷湾ジャンクション

黄桷湾立交

重慶は山と河に挟まれている地形から坂道も多く、また街が山の麓と山頂に形成されていることからジャンクションの街としても有名です。2017年5層15線のジャンクションが開通しました。日本では見られないこのような立体的な街並みも重慶の楽しみの1つです。

黄桷湾立交 (フォアンジュエワンリージャオ・huángjuéwān-lìjiāo)

:地下鉄6号線『上新街』から303バス30分

黄桷湾立交

⑤長江ロープーウェイ

以前は南岸から解放碑への通勤の足でした。ところが2015年に道路と地下鉄の二重構造の橋が完成しそれ以降は観光客しか乗ってません。 中国の大型連休(国慶節・春節)の時期には2時間以上並びます。

昼間は長江の流れを、夜は解放碑の夜景を見ることができます。

以前は渝中半島の反対側、嘉陵江にもロープーウェイが架かっていましたが撤去されました。長江ロープーウェイがこれほど流行るのなら嘉陵江ロープーウェイも取り壊さなければ良かったと後悔している事でしょう。

以前市民の足だったころは2元でしたが今では20元です。

长江索道 (チャンジャンスオダオ・chángjiāng-suǒdào)

:地下鉄1号線・6号線『小什字』駅徒歩1分:解放碑から徒歩15分

長江索道

:片道20元、往復30元

⑥重慶人民大礼堂

重慶大礼堂

1954年に建てられた重慶のシンボルです。なぜかあまり日本人観光客を見かけませんが中国らしい建物で必見です。またここは夜景も素晴らしいので向かい合っている三峡博物館を見学してから訪れるものお勧め。重慶は夜景の街とも言われています。

外見は見ての通り北京の天壇を模して造られました。模して造られた物にも関わらず20世紀の中国ベスト建築〇〇に選ばれています。内部の見学もできますが普通のホールです。

重庆人民大礼堂 (チョンチンレンミンダーリータン・chóngqìng-rénmín-dàlǐtáng)

:地下鉄2号線『曾家岩』徒歩20分

重慶大礼堂

:10元

⑦中国重慶三峡博物館

中国重慶三峡博物館

人民大礼堂と向かい合っていて、3000年の歴史を持つ重慶市について学べます。興味深いのは『抗日時代』『国共内戦』のコーナー。日本側には無い資料もあり非常に考えさせられます。

重庆中国三峡博物馆 (チョンチンヂョングオサンシャーボーウーグアン・zhōngguǒ-chóngqìng-sǎnxiá-bówùguǎn)

:地下鉄2号線『曾家岩』徒歩15分

重慶中国三峡博物館

:無料

【重慶半日観光プラン】重慶談判について知ろう

⑧两路口皇冠大扶梯

皇冠大扶梯

長江沿いの重慶駅と地下鉄·两路口を結ぶエスカレーターです。途中踊り場無しの150メートルのエスカレーターはちょっと怖いです。

两路口皇冠大扶梯 (リャンルーコウフォアングアンダーフーティ・liǎnglùkǒu-huángguān-dàfútī)

:地下鉄1号線・3号線『两路口』駅徒歩0分

两路口皇冠大扶梯

:2元

街中にエレベーター!?エスカレーター!?山城重慶

⑨重慶動物園

パンダ

元四川省だったのでパンダは10頭くらいいます。中国のパンダは日本のパンダと違い結構活発に動きます。

またこの動物園には絶滅したはずの恐竜コーナーもあります。

重庆动物园 (チョンチンドンウーユエン・chóngqìng-dòngwùyuán)

:地下鉄2号線『動物園』徒歩2分

重庆动物园

:25元

【重慶半日観光プラン】重慶の上野・杨家坪で遊ぼう

⑩四川美術学院

四川美術学院

街全体をアトリエにしてしまったかのような雰囲気です。中国現代アートを知るのはここが一番。

もはや四川ではないので四川美術学院の名を重慶美術学院に変更しようという動きも歴史もありなかなか実現できません。

四川美术学院 (スーチョアンメイシューシュエユエン・sìchuān-měishù-xuèyuàn)

:地下鉄2号線『杨家坪』下車、バス441・823・223路15分

四川美术学院(黄桷坪校区)

【重慶半日観光プラン】重慶の上野・杨家坪で遊ぼう

重慶研究家JINTANGお勧めスポット

以上がガイドブック的な観光スポットですが、重慶で面白いのはこれらのスポットではなく山城と言われる立体的な都市景観です。

重慶研究家JINTANGが強くお勧めする重慶観光はこちら

No1:重慶のレトロ工場まとめ

重慶特殊鋼公司

重慶は開港以来の工業都市であり、抗日戦争時には臨時首都として多くの兵工署が沿岸部から移ってきました。

その後1960年代にも三線建設の中心都市として一時は“工業は重慶に学べ”とまで言われましたが、改革開放により資本が沿岸部に戻り重慶の工業は没落。

No2:山城重慶ヘアピンカーブまとめ

ヘアピンカーブ

霧の都・美女の都など様々な別名のある重慶ですが一番有名なのが山城重慶。

街全体が山の中に作られているため市街地ヘアピンカーブが多数存在します。

No3:秘境駅・箱庭駅はたまた絶景駅!重慶モノレール・重慶地下鉄路線図

重慶軌道

まだ地下鉄を掘る技術も資本も無かった2000年代初期、重慶では地形に合わせたモノレールの建設が進められました。

そのためこれらのモノレール駅には奇妙な駅が存在ます。一方、近年は財力技術力ともに付いたはずなのにやはり奇妙な駅が存在します。

技術があろうが資金があろうがアメージングな建築をしてくれる・重慶軌道

まとめ

パンダや長江など2日間あれば十分回れます。1つでも行きたい場所が見つかったら是非重慶に遊びに来て下さい。

合わせて読みたい

その他のお勧めスポットはこちら→重慶おもしろ街歩き

3連休で回る重慶サンプルプランはこちら→3連休で満喫!美食の街・重慶グルメ食べつくし